M&Aのことなら仲介業者に任せよう|会社を存続できる

男女

新規事業を起ち上げる方法

握手

買収によって子会社化する

企業が事業を拡大する場合に行われる方法として企業合併と企業買収があります。合併というのはA社がB社を吸収して新しいC社を設立することです。2つの会社が1つになることで、元のA社やB社が残らない形になります。これに対して企業買収というのは、A社がB社の株を買収して経営権を握ることで、もっぱらB社はA社の子会社化します。つまり元のB社は子会社として存続できるのです。合併より企業買収という方法を選ぶメリットは、買収した企業の技術力やスタッフをそのまま雇用できるという点です。企業合併の形にすると、元の会社がなくなるので退職するスタッフなどが出やすいのです。それを防ぐ意味でも企業形態をそのまま残せる企業買収の方がメリットがあります。また新規事業を起ち上げて市場を広げたい場合も、企業買収の方が市場を一気に獲得できるメリットがあります。買収した企業を子会社化するので、その企業の市場をそのまま自社に取り込むことができるのです。そうすることによって新規に起ち上げるよりもコストを抑えることが可能になります。株式を買い取ることで子会社化するので、買収される企業の経営者には株式売却の利益が入ることになります。これによって敵対関係を解消することができます。売り渡す経営者の生活が株の売却益で保証することができるからです。企業買収というのは株式の買い取りという正当な方法でのやり方なので、短期間で実行できます。期間を短縮できるので、市場拡大という目的もすぐに達成できるのです。